遠藤源樹先生 @ 新宿ではたらく産業医のひとりごと

順天堂大学医学部公衆衛生学講座 准教授。 医師、医学博士、日本産業衛生学会専門医(産業衛生専門医)、公衆衛生専門家、第一種作業環境測定士(Ⅴ)等。 福井県大野市出身。産業医科大学医学部卒業。 国の厚生労働科学研究・遠藤班「がん患者の就労継続及び職場復帰に資する研究」の研究代表を務めるなど、治療と就労の両立支援の第一人者。 長年、100社以上の大企業・中小企業の産業医としての経験と、日本初の「がん患者等大規模就労追跡実態調査」等のデータをもとに、全国各地で講演。 読売新聞、日本経済新聞、毎日新聞、東洋経済、労政時報等に多数掲載。 専門・研究テーマは、「治療等と就労の両立支援(がんと就労・脳卒中と就労・心筋梗塞と就労・妊娠と就労・不妊治療と就労・メンタルヘルス不調と就労)」。 主な著書に「企業ができる、がん治療と就労の両立支援 実務ガイド(株式会社日本法令:2017年9月20日発売)」等がある。

Pickup Tags


【当サイトのコンテンツについて】

投稿された内容に起因する損害、内容に関してのトラブル等について一切の責任を負わないものとします。 また、当サイトに投稿される記事は、特定の治療法、医学的見解を支持・推奨するものではありません。

This article is a sponsored article by
''.