あなたのその目、隠れドライアイ?

頭痛や眼精疲労、ぼやけて見える、目が乾くなどのその症状、もしかするとドライアイかもしれません。

ドライアイとは

ドライアイは日本に2,200万人、世界に10億人いると推測されている最も多く一般的な眼科疾患です。しかしながら、多くの人が未だに診断に至っておらず、眼精疲労、眼痛、頭痛、自覚視力の低下、肩こりなど、QOL(生活の質)を下げる原因となっています。

このドライアイはVDT作業やスマートフォンの普及により増加の一途をたどっています。

世界初! スマホアプリでドライアイ指数をチェック

順天堂大学(学長:新井 一)は、Appleが公開した「ResearchKit®」というアプリケーション専用のフレームワークを使用し、世界初の「ドライアイや眼精疲労といった症状と生活習慣の関連性を明らかにする」ためのアプリケーション“ドライアイリズム”を2016年11月2日にリリースしました【研究代表者:順天堂大学医学部眼科学講座 助教 猪俣 武範】。

画像: ドライアイリズム dryeyerhythm.jp

ドライアイリズム

dryeyerhythm.jp

どうやって「ドライアイ指数」を計測するのか?

ドライアイリズムではまばたき測定、実用視力、ドライアイ質問紙票(OSDI)からドライアイ指数を計測します。このドライアイ指数はSNSにシェアすることも可能です。

画像: まばたき計測 dryeyerhythm.jp

まばたき計測

dryeyerhythm.jp

生活習慣とドライアイの関連性を調べる

日々のストレス、睡眠時間、VDT作業時間、便の回数、水分摂取量などを記録し、ドライアイとの相関性を確認することができます。また、1週間連続して入力してもらうことで生活週間とドライアイの関連性をより理解することができます。

画像: ドライアイと生活のリズム dryeyerhythm.jp

ドライアイと生活のリズム

dryeyerhythm.jp

ドライアイは治療法がない

現在のドライアイに対しての標準的な治療法は点眼加療ですが、未だにドライアイを完治させることができないことが問題となっています。そこで、ドライアイと日常の生活習慣の関連性を明らかにすることにより、良い治療法の探索、確立、QOLの向上が期待できるのではないかと考えこの研究を計画しました。

ドライアイ指数をスマホで無料計測

ぜひ楽しみながら研究にご参加いただき、SNSなどにシェアしてください

https://dryeyerhythm.jp

画像: dryeyerhythm.jp
dryeyerhythm.jp

スマホアプリで無料でチェック

ぜひアプリケーションをダウンロードして、あなたの目の状態を確認してください

This article is a sponsored article by
''.