「ガミースマイル」ってなに?

「ガミースマイル」は、笑ったときに歯ぐきが見えすぎる口元のことを言います。ガミースマイルには、2つのケースがあります。笑ったときに上唇が上がりすぎるために歯ぐきの大部分が見えてしまうケースと、歯ぐきと歯の見える部分のバランスが悪く歯が小さく見えるケースがあります。いずれも見た目だけでなく、笑うことに自信が持てなくなってしまうなど、精神的な面でもお悩みの方が多くいらっしゃいます。

ガミースマイルが起こる原因

【歯の問題】
歯が短かったり、歯が生えている場所が低いことが原因です。通常よりも歯が短く歯ぐきの範囲が広いので、話をしたり、少し笑っただけでも歯ぐきが多く見える状態になってしまします。

【唇の問題】
上唇を上げる筋肉の力が強すぎることが原因です。たとえ歯や骨に問題が無くても、唇が歯ぐきの上まで上がってしまいます。そのため、笑ったときに歯ぐきが見えすぎる状態になってしまいます。

【骨の問題】
上顎の骨が前方に過剰に発達しているために、上唇で歯ぐきや歯を覆う事が出来ないのが原因です。他の原因と比べても重度のため、ガミースマイルの治療だけでなく、骨格の治療も必要となります。

ガミースマイル治療法

歯冠長延長術

歯肉形成は、露出している歯ぐきを切除することで歯を大きく見せる外科手術です。歯と歯ぐきの境目を切除することで、見えすぎる歯ぐきの範囲を狭め、歯ぐきと歯のバランスを美しくする事が出来ます。

画像: 歯肉形成は、露出している歯ぐきを切除することで歯を大きく見せる外科手術です。歯と歯ぐきの境目を切除することで、見えすぎる歯ぐきの範囲を狭め、歯ぐきと歯のバランスを美しくする事が出来ます。

上唇挙上筋切除術

上唇と歯肉の間の粘膜を一旦切除し、上唇が上がらないように縫合する外科手術です。ガミースマイルの中でも、唇が上がりすぎてしまう方にオススメの治療法です。笑ったときに、唇が上がりすぎないようにすることが出来ます。

歯冠長延長術+被せ物

ガミースマイルで歯並びが悪い場合に、歯冠長延長術に加えセラミックの被せ物の治療を併用する治療方法です。ガミースマイルと歯並びの両方を美しくすることが出来ます。まずは歯並びが悪い部分の歯の表面を削って仮歯を作ります。希望する歯ぐきのラインを仮歯を使ってデザインし、歯ぐきのラインが決定したら歯冠長延長術を行います。その後、セラミックの被せ物を装着します。

矯正
ガミースマイルで歯並びが悪い場合に、ワイヤー矯正を併用する治療方法です。上記のセラミック治療と比べ治療期間は長くなるものの、自分の歯をそのまま使って口元を美しくすることが出来ます。

まずはカウンセリングを

当院では、無料カウンセリングを行っています。ガミースマイルの治療方法はいくつかあります。どれをしたらいいのか、治療期間や費用はどれくらいかかるのか、実際の治療はどのようなものかなど、症例写真をお見せしながらご説明致します。ご希望を伺いながら、1人1人に合った治療方法をご提案致します。

This article is a sponsored article by
''.