画像: 歯科医院で行うホワイトニングについて どのくらいご存知ですか?

自分自身の歯の色を気にしている方は少なくありません。「歯を白くしたいけど・・・」「歯医者さんでホワイトニングができるって聞いたことあるけど・・・」、歯科医院でホワイトニングについて話を聞いたことがある方や歯科医院のホームページを見たことがある方はある程度いろいろな知識や情報をお持ちだと思いますが、今回はあまりそういうものを見たことがない方に向けて歯科医院で行う歯のホワイトニングについて書いてみたいと思います。
 

ホワイトニングのメカニズム

画像: ホワイトニングのメカニズム

まず、歯がホワイトニングをすることによって白くなるメカニズムについてですが、歯の表面にホワイトニング剤(過酸化水素や過酸化尿素が主に用いられます。それぞれの歯科医院が取り扱っているホワイトニング剤によって多少の違いはあります)をつけるとフリーラジカル(活性酸素)が発生します。フリーラジカルが汚れを分解し、その結果歯が白くなります。ホワイト二ングは歯のマニキュアとは違い不自然に白くなることはありません。歯の中の色素を分解してくれるので、歯に透明感が出て、とても自然に白く美しくなったと感じていただけると思います。

ホワイトニングのメリット

ホワイトニングのメリットは、まず第一に当たり前ですが「歯が白くなる」ということです。歯の色が気になっていてコンプレックスを持っていた方がホワイトニングをした結果歯が白くなり、白くなった歯を見せて笑うことができるようになったら、それは素晴らしい事だと思いませんか?そして「歯を削らなくてもいい」ということもメリットではないでしょうか。歯を削って被せ物を接着剤でくっつけることで歯の色を変えていくのではなく、歯の表面にジェル状の薬剤を付け、自分自身の歯を削らずに歯を白くすることができます。歯を削ったりしないので、歯へのダメージはもちろん患者様ご自身の心理的負担も少なく済みます。

画像: ホワイトニングのメリット

ここまで読んでホワイトニングについてご興味を持たれたら、ぜひ一度かかりつけの歯科医院や近隣の歯科医院のホームページをお時間ある時にでも見てみて下さい。もちろん直接歯科医院を受診し、話を聞いていただく方がなお良いと思います。

次回近日中に、続きとしてこちらのページで≪歯科医院で行うホワイトニングの種類≫について書かせていただきたいと思います。ここまで読んでご興味を持たれたら、ぜひそちらも目を通していただけると嬉しく思います。

This article is a sponsored article by
''.