気になる小児矯正のタイミング

画像: 気になる小児矯正のタイミング

子育て中の保護者の方で、仕上げ磨きをしている時に「この歯並びおかしくない?」とか「ここの歯並びガタガタしてて(重なり合っていて)気になるなあ」とか感じることありませんか?小児の矯正治療を始めるタイミングはいつ頃が最適なのでしょうか?

早ければ早いほど期間も短く、費用も安く

画像: 早ければ早いほど期間も短く、費用も安く

どうか『気になったらその時に放置せずに、かかりつけの歯科医院に相談しに行ってください』。「近所の○○ちゃんが歯医者に行ったらまだ様子を見ていればいいと言われたから、うちの子も大丈夫」なんて思わないで下さい。近所の○○ちゃんと貴方のお子様の歯並びは当然違います。治療の程度や難易度によってベストのタイミングが違います。歯列不正に早く気付けば、簡単に治してしまえることも少なくありません。簡単に治すことができれば矯正治療の期間も短く済み、費用もそれほどかからずに終えてしまえることもよくあります。

矯正治療の種類

画像: 矯正治療の種類

矯正治療に用いる装置の種類もとてもたくさんあります。歯の表面に針金やワイヤーをつける治療だけが矯正治療ではありません。取り外し型の装置で就寝時を中心に装置を装着するものとか、歯科医院によっては透明なマウスピースを使う矯正治療を行っているところもあります(矯正装置は、装置それぞれに適応不適応があります。なので希望の矯正装置があったとしても、その装置で矯正治療が行えるとは限りません)。

気になったら、すぐかかりつけの歯科医院へ

保護者の方がお子様の歯並びについて疑問を感じた時が矯正治療の始めるタイミングと判断してください。そしてかかりつけの歯科医院を受診して、納得できるまで説明を受けて下さいね。仮に「もう少し待ちましょう」と言われたとしても、いつ頃まで待っていていいのかという説明を受けたほうが、安心できますよね?

お子様が将来大人になった時に、歯並びでコンプレックスを持つことがないように、歯科医師と保護者の方とお子様とでしっかり見ていきましょう。

This article is a sponsored article by
''.