いつも白くてキレイな歯でいたいと思っている人は多いのではないでしょうか。
日々、一生懸命磨いているはずなのに、なぜか歯が黄ばんで見えたり、色が着いてしまったりします。それは、毎日の生活の中で、歯をくすませてしまう強敵、「ステイン」がいるからなんです。

画像: 必見!敵を知り「白い歯」へ!

ステインとは

ステインとは、歯の表面に蓄積された着色汚れのこと。
普段の食事やタバコ等を吸うことにより、歯の表面は、ステインの付着が増し続けます。
付着したばかりの初期の着色汚れは、食後の歯磨きで落とすことが出来ます。しかし、長期化したステインが、さらに蓄積されればされるほど、落としにくくなり、歯磨きだけでは落としきれなくなるのです。

ステインの付着する原因とは

ステインは、食べ物に含まれるポリフェノール類やタバコのヤニなどのお口に摂取したものと、歯の表面のエナメル質をおおっている、「ペリクル」という唾液由来のタンパク質が結合したものです。
ステインは、不溶性のため、水で口をゆすぐ程度では簡単には落とせません。

ステインの原因となる成分が入っている食べ物

赤ワイン
チョコレート
大豆食品
ココア
バナナ、りんご、ぶどう、柿、ブルーベリー、プルーンなどの果物
コーヒー、紅茶、緑茶、麦茶、ウーロン茶などのお茶類
ねぎ、にんにく、緑黄色野菜
その他

キレイな歯を保つためには

ステインの付着しやすい人は、普段のセルフケアでは、頻繁に磨くことをおすすめします。
ステインは、時間が経てば経つほど、落としにくくなります。
セルフケアでもステインを落とすことは可能ですが、長年蓄積されたステインを落とすことは簡単ではありません。
また、経年的に歯が黄ばんでしまうのは仕方のないことです。
定期的に歯科医院でクリーニングすることをおすすめします。

This article is a sponsored article by
''.