画像1: getheal.com

getheal.com

タクシーを呼ぶ感覚で?アプリから医師を自宅に呼ぶことができます。

日本でも「訪問診療」というカテゴリーは社会に浸透しつつありますが、海外では医師の訪問は非常に貴重なこと。当サービスでは、タクシーを手配するのとなんら変わりなくスマートフォンアプリからcallするだけで、60分以内にあなたの元へ医師が往診に出向いてくれるサービスです。

24時間対応のオンデマンドアプリ、アメリカ本国で今、拡大つつあります。

呼び出しは非常に簡単! アプリのボタンをPushするだけ。

画像2: getheal.com

getheal.com

まるで、タクシーを呼ぶかのようにアプリをタッチ。すると近くにいる医師がご自宅に駆けつけてくれるのです。

画像3: getheal.com

getheal.com
画像: blog.getheal.com

blog.getheal.com

もちろん、Apple Watch にも対応しています! 医療デバイスの進歩は本当に日進月歩ですね。

訪問診療と往診の違いは?

訪問診療とは、計画的な医療サービス(=診療)を行うことです。

1週間ないし2週間に1回の割合で定期的、且つ、計画的に訪問し、診療、治療、薬の処方、療養上の相談、指導等を行っていきます。

また、患者さまやご家族の方からご相談を受けた時点で、これまでの病歴、現在の病気、病状などを詳しく伺うとともに、関係医療機関などから情報収集を図ります。
尚、急変時には緊急訪問に伺ったり、入院の手配を行ったりするなど、臨機応変に対応することからも、「第一のかかりつけ医」として、多くの場合、24時間体制で在宅療養をサポートするのが、訪問診療の特色です。

画像: jvmm.jp

jvmm.jp

一方、往診とは、通院できない患者さまの要請を受けて、医師がその都度、診療を行う事です。

突発的な病状の変化に対して、救急車を呼ぶほどでもない場合など、普段からお世話になっているホームドクターにお願いして診察に来てもらうもので、基本的には困ったときの臨時の手段です。

画像: 訪問診療と往診の違いは?

This article is a sponsored article by
''.